--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2007.06.06 (Wed)

真面目なお話。

今日は、真面目なお話です。

よかったらこちらをみてください。

「奇跡の母子犬」←クリック

私の住む宮崎でのお話だそうです。

私の自宅は、市役所の支所のすぐ裏にあります。

毎週水曜日は「飼えなくなった犬の引き取り日」です。

水曜日には(毎週ではありませんが)役所駐車場に設置してある「檻」にワンちゃんが入っています。

先々週は首輪をしたシーズーと中型犬がいました。

あまりに吠えるのでちょっと覗いてみました。吠えてるのはシーズーで飼い主さんを呼んでいるようでした。
中型犬は、もう諦めたかのように、大人しく丸まっていました。

夕方にもう一度見に行ったときには、もういませんでした。

吠える犬が保護されてる場合、「あぁ、今日は水曜日なんだな」と思います。

通学路なので小学生が下校時に「かわいー!」と犬と近寄っているだろうと思われる声も聞こえます。

もちろん小学生はこの犬達が「処分される犬」だと知りません。

実際、うちの子供達がそうでした。

小学校の隣の家に白い大きな優しい目をしたワンちゃんがいました。

私がこの町に嫁いだときにはもういましたから、老犬になっていたと思います。

小学校にいく子供達を優しく見守ってくれているようでした。

2,3年位前でしょうか。

娘が「お母さん、あの白いワンちゃん、役所にいるよ?どーして?」と言いました。
「えっ?まさか?」と耳を疑いましたが、本当でした。

あの犬が、迷子になるハズがありません。その家と役所はわずか50mなのですから。
憶測ですが、飼い主さんが「飼えなくなった犬」として役所に連れ込んだとしか思えませんでした。

だけど、それをどうすることもできない自分がいます。

それはとっても情けないことです。

そんな情けない私でも、ブログを通じて↑の動画の配信元、「みやざき動物の命を守る会」さんの存在を知ってもらうことはできます。

また、私のブログでは訪問者も限られているため、多くの方に↑をリンクしてもらい、少しでも署名を集めるお手伝いができれば。と思います。

命の重さはどの犬も同じなのに、私もわざわざさくらを購入しました。

私も浅はかな人間の1人です。

私にできることは、さくらを白い犬のようにせず、最後まで責任をもって一緒に過ごすこと。

どうか、この宮崎に「動物愛護協会」が設立されますように。

私が言うのもおかしいですが、皆様のお力をお貸し頂ければ。と思います。


※この件に関して、コメント欄はクローズさせていただきますね。





スポンサーサイト

テーマ : ☆☆といぷーどる☆☆ - ジャンル : ペット

11:20  |  未分類
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。